マイクロソフトのwireless desktop 850を買ってみた

日常生活

スマホ1台あれば何でもできてしまう便利な世の中になりました。

最近ではIT機器が苦手な世代の人たちにも普及しています。

その一方でパソコンの需要はどんどん減り続けています。

若い世代ではスマホに依存するあまり、パソコンが使えない人も珍しくないようです。

このような状況であっても、わたしにとってパソコンは欠かせないものです。

わたしの場合、パソコンを中心にして1日がまわっていると言っても過言ではありません。

仕事もパソコン、テレビもパソコン、買い物もパソコン。

なので、パソコンを使いやすくする環境を整えることに試行錯誤する時間は惜しみません。

その中でも重要なものの1つがキーボードです。

先日、マイクロソフト社から発売されている「wireless desktop 850」を購入しました。

今までは有線のキーボードを使っていましたが、ワイヤレスはやっぱり何かと便利ですからね。

wireless desktop 850の残念ポイント

wireless desktop 850を使っていると残念に思う点が4つあります。

それは次のようなものです。

バックスペースキーが小さい

キー配置は標準的で良いのですが、バックスペースキーが小さめです。

そして、バックスペースキーのすぐ右にはインサートキーがあります。

このため、バックスペースを入力するつもりが、インサートキーを押してしまい、入力モードがインサートモードになってしまうことが時々あります。

バックスペースキーってしょっちゅう使うキーなのになぜ他のキーよりも小さいんでしょうか。

インサートキーなんてほとんど使うことがないで小さくするならこっちだと思うんですが・・・。

ファンクションキーが小さい

F1~F12のファンクションキーがかなり小さいです。

なぜ小さいかというと、標準型のキーボードにはないキーが配置されているからです。

それは、電卓キー、再生キー、ボリューム調整キーです。

これらはF12キーのとなりに配置されています。

個人的には電卓キーは便利だと思います。

ちょっとした計算をするとき、キーを押すだけで電卓アプリを起動できるわけですから。

でも、再生とかボリュームはマウス操作のほうがやりやすいと思うのですが・・・。

このためにファンクションキーを犠牲にしているわけです。

ファンクションキーを活用する人にとってはかなり残念ポイントではないでしょうか。

マウスホイールが軽すぎる

「wireless desktop 850」はキーボードとマウスがセットになっています。

マウスのホイールはかなり軽いです。

なので、ブラウザを上下移動するときなど、高速でホイールを回すとちょっと「空すべり」するような感じがします。

ほんの少しだけですけどね。

すべらせて移動させると左回転

キーボードって幅があるので机のスペースをかなり奪っていますよね。

まあ、仕方がないとも言えるわけですが。

ときどき、キーボードをどけてノートを置いたり、食べ物を置いたりしたいときってありますよね。

そんなときは、キーボードを奥側に滑らせてどけますよね。

でも、「wireless desktop 850」を片手で奥側に滑らせると左端を軸にして左回転してしまいます。

左側が重いのか、左側の底の滑り止めが効きすぎているのかはよくわかりませんが。

まあ、両手で両端を押して滑らせたり、持ち上げて移動させれば問題ないんですけどね。

ちなみにこれは、キーボードの裏側のツメを立てて底上げしたときだけ起こります。

ツメを立てなければ起こりませんが、摩擦が強いので力がいります。

このように、キーボードを奥側にずらすことが多い人は、ちょっとストレスに感じるかもしれません。

wireless desktop 850の総合的な感想は?

わたしは以前に何度か、ワイヤレスのキーボード、マウスを購入したことがありましたが、満足のいくものはありませんでした。

その理由はプチフリーズすることが多かったからです。

プチフリーズって結構ストレスがたまるんですよね。

手足のように使えるマウスとキーボードにしたかったので結局有線に戻していました。

でも有線はワイヤーがどうしても邪魔で見苦しいんですよね。

そこで見つけたのが「wireless desktop 850」でした。

わたしはWindowsを使っているので、マイクロソフト社の「wireless desktop 850」なら相性がいんじゃないかと思い購入してみました。

結果、プチフリーズは一切発生していません。

前述のとおり、多少の不満点はありますが、プチフリーズしないキーボードとマウスというのは満足度は高いです。

買ってよかったと思っています。

キーボートとマウスがセットでお手頃価格というのも購入の決め手でした。

ドングルを付け替えれば別のパソコンでもすぐに使えます。

やっぱり無線になるとスッキリとしていて気持ちがいいですね。

わたしの人生においてパソコンは欠かせません。その操作をするキーボードとマウスはとても大切です。

1日の中で接している時間が長いですからね。

「wireless desktop 850」は良い選択だったと思っています。

日常生活
スポンサーリンク
デミブロ ~人生を変えるためのヒント~

コメント

タイトルとURLをコピーしました