最近なんだかやる気が出ないのは食事に原因があるのかも?

日常生活

最近どうもやる気が出ない日々が続いています。

常にボーッとしている感じで、ちょっと倦怠感もあったりします。

このブログを書くスピードも遅くなっている感じなんですよね。

もうそろそろ冬がやってくる時期なので寒い日も多いですが、逆にあったかい日もあります。

季節の変わり目なので、そのせいかなと思っていました。

ここ1年以上は風邪すらひくことなく、元気に過ごせてはいるんですけどね。

風邪などの病気にかかってしまって寝込んだりすると、このブログも書けなくなってしまいます。

1日丸々潰れてしまうようなことは絶対に避けたいので、普段から健康には気をつかっています。

少しの油断で1日を無駄にするのは、ものすごくもったいないですからね。

とは言うものの、何なんでしょう・・・、このやる気が出ない感じは・・・。

イスから立ち上がることすら、面倒くさいように感じています。

そして、よくため息をしてしまいます。

さらに、部屋の中もいつもより少し散らかり気味です。

部屋の状況は精神ともつながっているといいますからね。

精神が病みかけている可能性が高そうです。

よくない流れだなぁ・・・。

やる気がなくなったのには、やっぱり何かしらの原因があるはずです。

そこで、最近の生活を振り返ってみたところ、やっぱり心当たりがありました。

それは、食事です。

自分の脳や心臓や血液など体の全てはいつも自分が食べている食べ物から作られています。

そう考えると食事に問題があれば、やる気が出なくなってしまうのも当たり前ですよね。

やる気が出なくなる食事

以前のわたしは、コンビニ通いを続けていたり、外食もちょくちょくしていました。

でも、本気で人生を変えていきたいと思うようになってから、食事を改めるようになりました。

食事はほとんど自炊に切り替え、体に良いとされる食材を選んで食べていました。

ただ、体にいいというのはすばらしいことなんですが、そういった食べ物って正直言ってちょっと味気ないんですよね。

揚げ物、ラーメン、焼き肉、ポテトチップス、スイーツなど、わたしの大好物なものは体に悪いとされています。

なので、こういったものは極力食べないようにしていました。

にもかかわらず、世の中にはこういった食品であふれています。

いつも我慢していましたが、最近、久しぶりにインスタントラーメンを食べてみました。

体に良くないとわかってはいますが、やっぱりおいしいんですよね。

そして、最近はパンやお菓子もちょくちょく食べるようになっていました。

こういうものを食べた翌日は決まってお通じが悪くなります。

また、食べたものが体内で滞った状態なので毒素が血流にのって全身に回ってしまいます。

これが体が重かったり、だるくなる原因というわけです。

そして、インスタントラーメン、お菓子、パンはほとんど小麦が原料になっているので、血糖値が上がりやすいという特徴もあります。

特に小麦は精製されているので、急激な血糖値の上昇につながります。

これは血糖値スパイクと呼ばれ、体にダメージがあるほか、眠気も招いてしまいます。

やる気が出ない状況を避けるにはこういった食品は極力食べないほうが生活をおくるうえでは効率的なんですよね。

また、お菓子を食べる時間は中途半端な時間だし、ちょくちょく食べるので胃が休めなくなってしまいます。

間食でダラダラ食いもしてしまっていたので、余計に体がだるくなる原因をつくってしまっていました。

規則正しい食生活は、日常的にやる気を保つための基本ですからね。

というわけで、最近のわたしは食生活に油断があったのでやる気が出なくなっていました。

反省しないといけませんね。

やる気が出る食事

なんとしても人生を変えてやる。

そう心に決めてからは、体に良いとされる食事を心がけています。

実際、その決心をして以降、病気で寝こむようなこともありません。

常にやる気満々というわけではありませんが、嫌なことや不安を感じたとしてもやる気が極端になくなったり、おちこむようなことは少なかったです。

基本的には前向きな精神で毎日を過ごすことができています。

これはやっぱり食生活を改善したからだと実感しています。

ここからは、実際にわたしが普段食べているものをいくつか紹介していきたいと思います。

玄米

以前は、白米を主食にしていましたが、白米は小麦粉同様、精製された食品のため、血糖値があがりやすいです。

急激な血糖値上昇は、眠気を招き、やる気がでなくなってしまいますからね。

と言われても日本人の主食は昔からお米です。

パン派の人も多いですが、小麦粉が原料なので避けるべきです。

そこで登場するのが玄米です。

精製されているものは味が良くなるかわりに、栄養が少ないです。

白米は玄米を精製したものなので、玄米の栄養素が削ぎ落とされてしまっているんですね。

いってみれば、丸裸にされてしまっているわけです。

もっときつい言い方をすると、死んでいるお米です。

玄米を水の中に1〜2日浸けておくと発芽します。

つまり、生きているお米ですね。

それに比べ、白米は胚芽の部分を削ぎ落とされてしまっているので発芽することはありません。

死んでいるお米というわけですね。

生きているお米と死んでいるお米、どちらが栄養価が高いかというと、当然生きているお米、つまり玄米です。

また、玄米には食物繊維も豊富に含まれていることも特徴の1つです。

主食を食べているだけで、不足しがちな食物繊維を補えるのはとてもうれしいことですよね。

このことを知ってからは、わたしは主食を玄米に切り替えました。

スーパーにお米を買いに行くと、ほとんど白米が売られています。

また、玄米が売っていたとしても、重いので持って帰るのはなかなか大変な作業です。

そこで、わたしは毎回アマゾンで玄米を買っています。

アマゾンなら、早ければ翌日に届くし、重い玄米を運ぶ必要もないのでとても便利です。

玄米は、白米に比べ多少割高ですが、体へのメリットを考えると玄米のほうがお得だといえるんじゃないでしょうか。

さらに、玄米は一晩水に浸けて発芽玄米にするとさらに栄養価が高くなります。

https://demipractice.com/?p=481

野菜

野菜には食物繊維、そしてビタミンなどの栄養素が豊富に含まれています。

積極的に摂取したい食品です。

ただ、野菜はやっぱり青くさいし、味気ないですよね。

食べたほうがいいよと言われても、正直言って気がすすみません。

でも、わたしはとるべきものだと思っているので、野菜は積極的にとるようにしています。

最初のころは、サラダとしてドレッシングをかけて食べることが多かったです。

お店に買いに行くといろんな種類のドレッシングが並べられていますよね。

おいしいし、いろんな味を楽しめます。

でも、最近はあまりドレッシングを使っていません。

ドレッシングは酸っぱいものが多いですよね。

正直に言うと、酸っぱいものはあまり得意ではないんです。

今は、ドレッシングの代わりにオリーブオイルと塩コショウをかけて食べています。

酸っぱくないし、シンプルな味ですが、意外と飽きないんですよね。

野菜の食べ方としてサラダはいい方法ですが、食べる野菜は大体決まってきてしまいますよね。

レタス、きゅうり、トマト、スプラウトといったところでしょうか。

それだけだと栄養は偏ってしまいます。

もっとたくさんの種類の野菜を食べる必要があります。

そこで、わたしは圧力鍋を使って、蒸し野菜にして食べています。

圧力鍋は、これまたアマゾンで買いました。

蒸し器具もセットになっているので、蒸し野菜が簡単に作れます。

これをつかって、だいこん、にんじん、かぼちゃ、じゃがいも、ブロッコリー、さつまいもなどを蒸してよく食べています。

蒸しただけなら味気ないので、こういった蒸し野菜にも、オリーブオイルと塩コショウをかけて食べています。

お気に入りは、かぼちゃとさつまいも、じゃがいもです。

これらのでんぷん食材に油と塩コショウをかけると絶妙にマッチします。

甘いかぼちゃとさつまいもに塩が加わるとより甘さが際立っておいしくなります。
じゃがいもと塩は鉄板ですよね。

圧力鍋なら硬い野菜もすぐに柔らかくできるので、重宝しています。

野菜にはほうれん草や小松菜などの葉物野菜もありますよね。

こういった野菜は炒めて食べています。

キノコ類などと一緒に炒めて塩コショウで味付けしています。

バターしょうゆにしてもおいしいですよね。

野菜と並んで、体にいいとされる食材は魚です。

お肉に比べると魚って人気ないですよね。

その原因はやっぱりあの生臭さです。

わたしもそれが苦手なので、できれば魚は食べたくありません。

でも、体のためと思って食べるようにしています。

ただ、鮮魚を買ってきて調理するということはほとんどありません。

後片付けが大変だからです。

じゃあ、どうやって魚を食べているかというとお刺身が多いです。

お刺身というと少量しか入っていないにもかかわらず、値段が結構高かったりしますよね。

わたしの場合、近所の業務スーパーでお刺身のブロックを買っています。

主に、カツオとハマチですね。

4分の1の大きさのブロックで大体500円ぐらいで買えます。

あとは自分で切ってお刺身にして食べています。

最初から盛りつけられたお刺身を買うよりも安上がりだし、たくさん食べれるんですよね。

同じ4分の1といっても、ハマチはカツオの倍の大きさがあるので、一度に食べきれません。

そんなときは、買ってきてすぐにブロックをパックから出してサランラップで空気を抜くようにして巻いたあと、アルミホイルでくるんで冷凍します。

こうしておけば、味の劣化をおさえることができて、食べたいときに食べることができます。

魚の調理は極力やりたくないので、お刺身が多いですが、セブンイレブンで売られている電子レンジでチンするだけの塩サバもよく買って食べています。

調理済みのものは添加物が気になるので避けることが多いですが、この塩サバには添加物の表示がありません。

チンするだけでアツアツの焼き魚を食べることができます。

魚に関してはもっといろんな種類を食べたいところですが、調理がネックになってそれができない状況です。

今後、試行錯誤して食べれる魚の種類を増やしていきたいと思っています。

油って取りすぎはよくないと言われますが、取りなさすぎもよくありません。

体にとって適度な油は必要です。

油なら何でもいいのかというと、そんなことはありません。

良質な油をとらないといけないんですね。

良質の油は、魚に多く含まれるオメガ3です。

オメガ3の油は魚以外に、アマニ油でとることもできます。

アマニ油もアマゾンで売っているので使い切ったら買うようにしています。

調理するときの油は、市販のエクストラバージンのオリーブオイルを使っています。

海藻

野菜と同じく食物繊維を多く含む海藻は積極的にとっておきたい食品です。

わたしは、乾燥された海藻を買って、必要なときに水で戻し、これもサラダと同じようにオリーブオイルと塩コショウで食べています。

ときどきアマニ油を使うこともあります。

野菜は切ったり、調理するのが面倒ですが、海藻なら水に戻すだけなので手間がかかりません。

野菜の調理が面倒だな~と思ったときは海藻を食べるようにしています。

味噌汁

わたしは朝に味噌汁をよく作ります。

朝からいろいろ調理するのが面倒だからです。

みそ汁の具はたまねぎ、なめこ、わかめなどそのときの気分によって決めています。

いろんなバリエーションができるところが味噌汁のメリットです。

味噌汁を作り終えたら、あとはご飯と納豆を添えれば定食っぽくなります。

朝は手を抜いて大体こんな感じですかね (汗

その他

わたしはお菓子が好きなんですが、健康優先で極力控えるようにしています。

そうすると、ちょっと口元がさみしくなります。

お菓子の代用として、バナナやヨーグルトを食べています。

これなら、気兼ねなく食べれます。

その他、季節にあった旬のフルーツなどを買って食べています。

基本は炭水化物、タンパク質、食物繊維

という感じで、普段食べているものを紹介してきましたが、基本的には食事はバランスが大切だと思っています。

炭水化物をメインとして、タンパク質、食物繊維を摂れるようなメニューにしています。

ジャンクフードやスイーツはおいしいですが、最終的に日中の集中力を下げ、やる気が出なくなってしまいます。

それは人生においてとても損をしているように感じます。

でも、我慢しすぎもよくありません。

ストレスが溜まってしまいますからね。

ときどき、自分へのご褒美として食べるようにしていけば、取りすぎも防げるし、モチベーションもアップしてやる気もでてくるんじゃないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました